金魚ちゃんは青羊の夢を見るか?

>>[1]さん えー!見たいです!!!ぜんぜん呆れていませんよ!僕のブログの方がよっぽど稚拙なので大丈夫!

はてなダイアリー→http://d.hatena.ne.jp/RM307/ 質問などありましたら→Web拍手

村上さんのところ38 3月25日分

上手くいかない事ばかりじゃのう・・・。眼鏡FAも間に合うかどうかわからないな・・・。
まぁこうやって書いたら発奮して間に合うように頑張るかもしれないから・・・うん。
さて、久しぶりに恒例の村上さんのところの質問と回答で気になったもの。3月25日分です。

自分の器は「知る」ものではなく……
http://www.welluneednt.com/entry/2015/03/25/203200
『器というのは「知る」ものではなく、自分の力で広げていくものです。』難しそうだなぁ。

「シナリオを書いている私」が恥ずかしい
http://www.welluneednt.com/entry/2015/03/25/173700
「それはあなたが自分自身を超えていないからです。ものを書いているあるポイントで
自分自身を超えることができたら、恥ずかしさみたいなものを感じているような余裕はないはず
です。もっともっと自然に書きたくなるはずです。頭で筋を考えていると、どうしても自分を
超えることはできません。身体全体でしっかり考えないとだめです。」大事な事なのだろうけど
まったくピンと来ない・・・。自分自身を超える?身体全体で考える?うーむ・・・。

なぜ今もドストエフスキーなのか?
http://www.welluneednt.com/entry/2015/03/25/173100
『「有名な古典小説だから読む」というよりは、むしろ今ここにある問題へのアクチュアルな
回答(あるいは回答の示唆)を求めて読んでいるような気がします。』そんなに面白いのかー。

全裸主婦デビューしました
http://www.welluneednt.com/entry/2015/03/25/172800
昔読んだけど(まぁ最近も読み返したけど)印象的だったな。恥ずかしくないのかなぁ・・・?
いくら一人だといっても、する気にはなれないな。そもそも自分の裸なんて見たくないしな。

ノルウェイの森』の光輝いていた記憶
http://www.welluneednt.com/entry/2015/03/25/113400
「そういう輝きはたぶんあの小説の中に反映されているはずだと僕は感じています。(中略)
もう二度と戻ってこない光みたいなものが、そこにあるかもしれない。そういう気がします。」
今度読み返す時は頭に置いて読んでみよう。ローマか、遠い太鼓でも書かれていたな。

もし馬主になったら
http://www.welluneednt.com/entry/2015/03/25/073500
「滝のしらたき」w勝てなそう。僕だったら「銀星号」かな?昔ホームズが好きだったので。

言葉にならないものを言葉にするために
http://www.welluneednt.com/entry/2015/03/25/073100
「いろんな人の死が、自分の身体に絡みついているような感触です。うまく言葉にはならない。
でも言葉にはならないものを言葉にしていくのが、僕らの仕事です。それを違うかたちに、
違う文脈に変えて敷衍していくこと。僕の場合はそれが小説になります。」小説家ってすごい。

小説にはうなぎが必要なんですね
http://www.welluneednt.com/entry/2015/03/25/073000
「作者と読者だけでは、小説はそれほど遠くまでいけません。うなぎが出てきて、
初めてその小説は遠くまでいけるんです。」ふむ?うなぎってどんな感じだろうなぁ・・・。

Web拍手