金魚ちゃんは青羊の夢を見るか?

>>[1]さん えー!見たいです!!!ぜんぜん呆れていませんよ!僕のブログの方がよっぽど稚拙なので大丈夫!

はてなダイアリー→http://d.hatena.ne.jp/RM307/ 質問などありましたら→Web拍手

小学生の頃の昔話3 工作と絵

幼稚園や小学生の頃は工作が大好きだった。さまざまな空き箱でロボットを量産していたな。
当時の僕は今よりも想像力にあふれていたので、いろんなロボットを考案する事ができた。
あとポケモンの人形用の家やお店を作ったり。授業では図画工作が毎回とても楽しみだった。
「ビー玉ころころ」という、箱を傾けてコースに沿ってビー玉を動かす工作も楽しかったなぁ。
絵の授業は好きじゃなかった。特に色塗りは大嫌いで、絵の具はいつも思い通りに塗れず、
ぐちゃぐちゃになってしまうのでため息をついていた。一番苦手なのは水彩。今でも無理。
でも小学一年生の頃に描いた雷神の絵は何かで表彰された気がする。展示されたところを
家族で見に行った。その後絵は僕の元へ返却されなかったので、母がとても残念がっていたな。

小学四年生からだろうか、一年に一回スケッチ大会があった。わりばしをペンにして、
外に出て好きなものを一枚スケッチして帰ってくる。開放感があってとても楽しかったな。
中学生のスケッチの授業は一度だけあった。校内の風景を描くもので、こちらは嫌いだった。

人物を最後に描いたのは小学三年生の春だったかな。隣の席の子を描きましょうという事で、
転校生でまだぜんぜん話していない、いつもぶすっとした顔をして無愛想な女の子を描いた。
描いている時、いろいろ話しかけて盛り上げようと頑張ったけど、なかなか大変だったな。
絵も難しかったなぁ。でもその子が描いた僕の絵は、似てはいないんだけどとても上手くて、
クラスのみんながこぞって見に来ていた。でも僕の顔なので何だか恥ずかしかったな。

その後四年生になって、ある日その子に「いっしょに帰ろう」と言われて毎日いっしょに
帰ったり休みの日によく遊んだりするようになって僕はその子の事が好きになるのだけど、
それはまた別のお話。大した話じゃないけど。という事で今回はここまでです。それではまた。

Web拍手