金魚ちゃんは青羊の夢を見るか?

砂糖先生のアフタヌーンの読み切りがWebで公開されていたので読みました。女の子が可愛かった。

はてなダイアリー→http://d.hatena.ne.jp/RM307/ 質問や非公開コメントなど→Web拍手

クリスマス女子会への参加とFAの色の話

一週間のご無沙汰いかがお過ごしだったでしょうか。まずは更新された好きな作品や作業報告。
僕と先輩の代理魔女戦争」が更新されています。コメント返信のテンションも好きだな。
石川へ行こう!」には新キャラが登場。片目が隠れている良い感じのキャラデザですね!
読者ページのくろすけ先生のファンソング良い。絵はCDジャケットを意識しているのだなぁ。


毎週「遠ざかる世界」の進捗を書いていたけど、果たして12月28日に何ページ更新になるのか
[1]さんに楽しみにしてもらいたかったので(もらえるかな?)、今週からひみつにします。
果たして何ページ描けるのか、あるいはぜんぜん描いていないのをごまかしているのか! 

ちなみにページ数はさらに増えて38ページになりました。まぁ増えたと言っても、だいたい
小さなコマでテンポ良く進んでいた部分を大ゴマに引き伸ばしているので、作業時間的には
そこまで長くなっている訳では無い。ただ、これから作画的に難しいページは増えるけど。

 

という事で今週もsage更新しています。回想シーンですね。暗い現在に対して幸せな過去の白。
http://rm307.nobody.jp/short/yuri.html
あとスマホChromeからだと「background-attachment: fixed」が機能しなかったので修正。
どうしてブラウザごとにここまで仕様が違うんでしょうね!!!ホントデザインは難しい。

 

作中の一年前に後輩が図書室で一人「古王国記」というファンタジー小説を読んでいた時に、
それを見た先輩が声をかけたのが始まりでした。先輩が学校に買ってもらったマイナー小説
だったので喜んだそうです。自分の中では書いたつもりだったけど、そういえば初出でしたね。
その後「春の前日(愛と平和)」のようによく小説の話をしていた、という過去があります。
あと後輩が敬語を使っていない(使わなくなった)理由もこのページで補足できたかな。

 

 

クリスマス女子会パジャマパーティー集合絵祭り」に参加しました。やまとなでしこ姉妹。
髪型おそろい!と言って嬉しそうなユカリ嬢と、自分もいっしょに喜ぶ優しいユイお姉さん。

 

f:id:RM307:20171210000006p:plain

二日で8時間ほど。会場の床の角度に合わせて描くのがちょっと難しかった

モチーフとなったのは2011年に僕の絵板でティッシュ先生が描いてくださったナナミ&チヨジ。
http://www22.atpages.jp/zecre/eitter/RM307/src/OB1304960972633.png
この絵、本当に可愛くて大好きなんですよね・・・「ファンアート」のお手本って感じ。
姉妹の髪や目の色は何となくしっくりくるものを選んだけど、もしかしたら今後変わるかも。

 

よく「カラー絵が無いからFAの時に何色で塗れば良いかわからない」という書き込みがある。
個人的には、描く人の思う色で塗って良いと思う。別に自分を擁護する訳では無いんだけど。
作者さんはイメージが違っても気にしないと思うし、FAを描いた人のイメージを知れる事も
嬉しいと思う。僕だったらそう思います。カラー絵があった方が楽といえば楽なんだけどね。
僕が自キャラのカラー絵を描かないのも、まぁ描くのがめんどくさい気持ちもあるんだけど、
読んだ人に自由にイメージしてもらいたいからでもある。FAから決めるのもありだと思うし。
まぁ僕の漫画にFAを描いてくださる人は皆無なんですけどね。魅力の無い内容とキャラみたい。

 

なので滅多に自キャラのカラー絵を描いていなかったけど、この祭りに参加したかった為
急遽色を決めたのでした。先輩と後輩の色も決めたいけど、色を選ぶのって苦手だな・・・。

 

 

最後にWeb拍手コメントの返信を。今週も文字数がオーバーするまでありがとうございます!
パジャマ女子会の姉妹に気づいていただきありがとうございます!嬉しいです。体育座りは、
ユイお姉さんはユカリ嬢に「お姉ちゃんちょっと座ってー」と言われて、ユカリ嬢が何やら
髪をいじっているのを感じ、低い位置になるように座り直してあげた、という経緯があります。
先週のコネコのFAについてもありがとうございます!でも僕はケモナーではありませんよ!!!
まぁケモナーの定義がよくわかっていないのですが、僕はそういう嗜好とかは無いかなぁ。
僕も「僕と先輩の代理魔女戦争」の更新分を読んだ時[1]さんと嗜好が同じだ!と思いましたw
そうか、まだ6ページしか載せていなかったんですね。[1]さんが毎週たくさん考察してくださり
感想も送ってくださるのでもうかなり載せた気分でした。考察と感想をありがとうございます!
そうですね、あと30ページ以上。でもそこまで読むのに時間はかからないかな?と思います。
先週の、先輩が振り返ったところで笑みが消えているところに注目していただき嬉しいです!
あえて目は描いていないのですが、この時の先輩は氷のようなとても冷たい目をしています。
「古王国記」は、ファンタジー作品では「ゲド戦記」、「ネシャン・サーガ」と並ぶぐらい
面白かった僕の好きな小説です。[1]さんが書かれた通り、回想シーンの冒頭部分でした。
しかしいろんなパターンの続きを想像されていてすごいなぁ。僕だったら思いつかないです。
オロオロする先輩はちょっと想像できないなw[1]さんが描いてくださっても良いんですよ!w
この漫画では(たしか)あまり鎖骨を描いていなかったのですが、描いて良かったですw
先週も更新分を読んでくださり、漫画とブログにコメントをくださりありがとうございました!

Web拍手