金魚ちゃんは青羊の夢を見るか?

「百合丘女学園アンソロジー★2」に読み切りを投稿しました。読んでいただけると嬉しいです!

はてなダイアリー→http://d.hatena.ne.jp/RM307/ 質問などありましたら→Web拍手

ねとらじの反省と声へのコンプレックス

一週間のご無沙汰いかがお過ごしだったでしょうか。まずは新都社の自作品やFAのあれこれ。
本スレでも話が出ましたが、今年もサンタコスFA祭りがあるらしいです。六年連続参加するぞ!
13日に「そうだ、ファンコミックを描こう」を更新しました。読むとすぐわかるのですが、
9ページ中、新たに描き下ろしたコマは5コマしかありません!なので絵が3日で描けた訳です。
こんな漫画をage更新するのは申し訳無い気持ちもあるのですが、宣伝の為お許しください。
コメント返信は結構時間をかけて丁寧にしているのだけど、あまり読まれていないのかな?
そんな漫画なのに、本スレで毎回「読みました」とメッセージをいただけてとても嬉しいです。
もともと「FAを描こう」の最終話を更新した五年前の13日に、また「カルカラレルカ」の
最終話に合わせてこの日を選んだのだけど、結局4話も描く事になりそうなので無意味だった。

月末に投稿する予定のFAは完成。年末にワロスで更新する予定の漫画のセリフもすべて終了し、
ぷげら企画に投稿する予定の漫画を1ページ描き始めました。ちょっと時間がかかりそうだ。
あ、先週書き忘れましたが「ふたり。」の保守漫画の投稿も継続中です。でもそろそろ終わる。
胃袋マシン先生がお絵描き機能で返信してくださって嬉しかったなぁ。静穂、南、大好きだよ!
今週は特に載せる絵が無かったので、現在の自サイトトップ絵2パターンをブログにもぺたり。
f:id:RM307:20161120000156p:plain

「ふたり。」のねとらじをちゃんと聴き返したのだけど、やっぱりBGMが大きかったな・・・。
あと徐々に声の調子を維持するのが難しくなっていた。まぁ2時間もしゃべったらそうなるか。
それと何も面白い事を言っていない。これはまぁつまらない人間だから仕方が無いか・・・。
しかし声に感情を込めるって本当に難しいですね。少しは込めていたつもりだったのだけど、
聴いてみたら抑揚が無くずっと平坦な調子だった・・・。そして「可愛い」と「好き」ばかり。
ただのファンラジオだな。これでファンアート、ファンコミック、ファンねとらじを制覇か。
いつかファンノベルを書いたりファン動画を作ったりファンソングを作ったりしたいけど、
まぁ不可能だなぁ・・・。僕の代わりにどなたか作る事のできる方、お願いいたします。
ちなみに途中のばたばたという音は猫が暴れている音です。珍しくこの日は鳴かなかったな。

僕は自分の声が嫌いで、よく自分が人としゃべった後に「今の気持ち悪い声だったな・・・」
とヘコみます。昨年末のねとらじの録音を聴き返した時も、自分の声にがっかりしました。
滑舌も悪いしカミカミだし・・・。そもそもしゃべるのが苦手。それは少し話が逸れるか。
なのであまり人前で声を出したくない。と言いつつねとらじをするという矛盾はあるけど。
でも、あうり先生が声を褒めてくださったのが嬉しかった。というかめちゃくちゃ驚いた。
声を褒められたのは生まれて初めて。正直、耳の調子が悪かったのではと疑問に思っている。
そういえば以前つばき先生は「高くて繊細な香りがする」と仰っていたな。ふだんは低いです。

スーパーでアルバイトをしていた時は店内放送をする事があって(タイムセールの宣伝など)、
最初はものすごく緊張して、自分の声がお店中に響き渡るのがものすごく恥ずかしかった。
原稿は無く、聴いて覚えた。でも頭が真っ白になって言うべき事を言い忘れたりしたなぁ。
だんだん慣れて何も感じなくなったけど。慣れってすごい。ねとらじもいつか慣れるのかな。
いや結構慣れているのかもしれない。始める時はどきどきしているけど、すぐに落ち着くし。
でも終わってから水を1リットルぐらいがぶ飲みしたな。やっぱり結構緊張していたのかも。

しゃべる訓練、あるいは不死鳥先生の「コミュ力を上げるラジオ」みたいに、もっとねとらじ
しても良いかもしれないな、と思った。2011年2月に言ったように、絶対加速クレッシェンドMの
朗読ねとらじはやっておきたいところだ。という事で今回はここまででです。それではまた。

最後に13日の記事にいただいたWeb拍手コメントの返信です。いつもありがとうございます!
たぶん他の作品に遠慮されたのだろうな、とは思ったのですが、つい指摘をwすみません!
僕も他の「ふたり。」読者の方の考察を読めたので、スレをageていただき嬉しかったです。
そうか、静穂も南もそうやって自分を励ましていたのかもしれませんね。たしかにそうだ。
結婚については胃袋マシン先生の中で脳内設定があるらしくて、それが非常に気になりますが、
もしも南がずっとひとりで待ち続けたとしたら、本当に感じ入ってしまいますね。ほろり。
追伸の件ですが、たぶん胃袋マシン先生はこの漫画にはコメントしていないんじゃないかな?
と思います。当事者なのでしづらいのでは無いかと。それに「思い出した」とありましたし。
コメントはまたいつでもどうぞ!百合漫画スレだと他の方も参加できるかもしれませんが!
僕も「ふたり。」ファンの方とやりとりできて楽しかったです!ありがとうございました!

Web拍手