金魚ちゃんは青羊の夢を見るか?

先週首を寝違えたみたいでまだ痛いけど、整骨院の治療費と電車代がもったいないから自然治癒力に任せるぜ!

はてなダイアリー→http://d.hatena.ne.jp/RM307/ 質問などありましたら→Web拍手

先月投稿したFAと絵の効用?

ツタンカーメンの短剣は「隕石」製、当時わかって使った?
http://www.cnn.co.jp/fringe/35083662.html
へえ。この短剣で傷つけられた人はスタンド能力が発現する可能性があったりして・・・?!

こちら電算部」が完結しましたね。ですが今日は先週載せるつもりだった先月のFAの話。

何度も書いているように僕はつばき先生の文章が好きである。だいたいにおいてそれは小説を
指しているのだけど、FAの返信の文章も小説とはまた違った趣きがあり、昔から好きなのです。
普段とは違ったかしこまった文章で、そのギャップも楽しみだったり。それだけじゃないけど。
という事で今回も楽しく読ませていただきました。お返事とても嬉しかったです。ほこほこ。
http://org.neetsha.jp/oekaki/potiboard.php?res=1160

という訳で5月29日に「屈託のない人に用はない」のFAを投稿しました。こちらには下書きを。

f:id:RM307:20160612000454p:plain

最初は別作品のFAを描く予定だったのだけど、ちょうどこの作品が始まったので予定を変更。
読者ページにも書いたけど、つばき先生の容姿を想像するのははばかられたというか、ちょっと
恥ずかしかったので、つばき先生が好きなナナミをモデルに(髪の色は変えて)描きました。
ペン入れの時に袖口を変えたけど、2012年に描いた「ロマンチック・ノイローゼ」のFAと
同じ服という設定。そして、そのFAでは誰かに向けて伸ばしていた手を、今はおなかの子に
向けている、という部分に意味があったり。また、同じように赤をオーバレイで重ねてある。
そして本の表紙。検索して調べたら、実際このおなかの状態で机に向かって読書するのは
大変らしいという事だったけど、この小説にも目を向けているところを描きたかったのだ。
ついでにスヌーピーのコップは絶対加速クレッシェンドQ第一話に登場するライマくんのもの。
これには特に意味はありません。ライマくんが使用していたものという訳でもありません。

作業日数はちょうど一ヶ月。少しずつ描いていたので、かかった時間は45時間ぐらいだけど。
わりと精神的に落ち込んでいた時期で、何とかそこから状態を上げようと思って描いていた。
このFAを描く事で、「受け入れる」効果を期待していたのだった。2013年のあの時のように。

よし、つばき先生がエッセイの中で結婚の事を公表されたので、やっとこの話をできるな!

f:id:RM307:20160612000530p:plain

つばき先生が結婚されて引っ越された時にお贈りしました。2013年の10~11月に描いた絵。
屈託なく笑っているちーちゃん(素直な良い子だねぇ)と、笑おうとしているっぽいナナミ。
最初の下書きではナナミも笑顔だったけど、違うなと思ってどちらともとれるような表情に。
描いた時は気に入ってabout meのトップ画像にもしていたけど、今見るとかなり拙いなw
まぁ良いか。花束を描くのは2010年の不死鳥先生のお誕生日お祝いFA以来で、楽しかった。

当時僕はかなり落ち込んでいて、ある事について悩みながらもこの絵を描いていたのだけど
(当時のブログ記事を見るとかなりネガティブになっていたのがわかる)、描き終わった時、
不思議とその事を「受け入れられた」ような気がした。いや違ったのかもしれないけど、
でも以前のようなつらさはかなり軽減されていた。たぶん、この絵を描いたおかげだと思う。
初めての経験で、絵にはそんな効用もあるのか、と思って驚いて、ちょっと感動したっけ。

それで、今回もそんな効用を期待してこの作品のFAを描いていたのだけど、駄目でしたね!
そんな虫のいい話は無かった。つばき先生が出産されてからだいぶ良くなっていったけど。
やっぱり自分でどうにかするしか無いのだよな。それが難しいのだけど。でもやるしか無い。
けどたしかに、絵を描く事には人を助ける効果はある気がする。僕もたくさん救われたと思う。
描きたくない時もあったけど、つらい時、絵を描く楽しみがあったから頑張れた事もある。
いつも上手くいくとは限らないけど、こうして無事に絵を描ける事に感謝したいと思います。

ずっと描き続けられたら良いのだけど・・・。という事で今回はここまでです。それではまた。

Web拍手