読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚ちゃんは青羊の夢を見るか?

今月の残りの予定:FA3枚、朗読の練習と毎週ねとらじ。・・・ちょっと時間が足りないぞ・・・。

はてなダイアリー→http://d.hatena.ne.jp/RM307/ 質問などありましたら→Web拍手

ニートボーイと七靴君の小説の話

新都社

14日の記事にいただいたWeb拍手コメントへの返信です。コメントをありがとうございました。
不死鳥先生は今どうされているんでしょうね・・・。大学生の頃からあんなにネット上で活動
していたのに、きっぱりやめてしまったのだろうか。心境の変化があったのか、僕が嫌なのか。
ちょっとぐらい姿を見せて欲しいですが。とりあえず元気かどうかだけでも知りたいです。
いつか帰ってきて欲しい・・・と思っているけど、きっとこの願いは届かないのだろうな。

今週は先日のFAの話の予定だったけど、ちょっとこちらを急がないといけないようだったので。

2011年に描いた「ニートボーイ」のビヨンセの下書きがあった。今の絵よりも可愛い・・・。

f:id:RM307:20160605000650p:plain

まぁ見ている人にとっては今も昔も大して変わらないように見えるかもしれないけど・・・。
やっぱり僕の絵も劣化しているのかなぁ・・・少しは良くなったと思っていたけど・・・。
あの頃のようなひたむきなココロや優しさが失われてしまったからかもしれないな・・・。
それは良いとしてこのニートボーイという作品、絶クレ以上の読みにくさ&わかりにくさです。
http://tonirikuto.web.fc2.com/neetboyindex.html
ニートボーイ01」は普通、だけど「02」からは驚くと思います。試しに読んでみてください。
実は01と02の間は三年以上更新が空いているんですよね。いったい何があったのか・・・?
僕は06~07(当時はニートボーイ3という名称)を読んで「良いな」と思い好きになりました。
まぁそもそもの読んだキッカケは、七靴君がこの作品のファンだったからなのだけれど。

七靴君といえば、現在文芸で(以前はニノベ)「柔原めいなの沖縄旅行」という作品を連載中。
http://neetsha.jp/inside/comic.php?id=19067
ジャンルが「旅行記」となっていますが、旅行で起きたできごとを中心に描く訳では無く、
主人公である柔原めいなの挙動や心理、とりまく環境や錯誤的な認識論について(作者談)
クローズアップされて書かれています。なので本筋から脱線した話が展開される事も多いです。
「序文」は後回しにして「1 ネコカフェ」から順番に読んでいくのが一番良いと思います。
ただ、最初のうちは興味深く読めるかもしれないけど、次第にしんどくなっていくかも。

僕は今まで難しい本を読んで生きてこなかったので、あまり内容を理解する事ができていない。
非常に読みづらく難しい。時々知らないジャンルの専門書を読んでいるみたいに感じる。
たぶん他の人にとってはさほど難しい内容では無く、僕の読解力が無いだけだと思うのだけど。
なので彼から感想を求められた時は申し訳無かった。思えば六年前から、七靴君が難しい話を
僕にもわかりやすく伝えようといろいろ頑張ってくれるのに僕が理解できない、という事が
よくあって、いつも申し訳無かったな。僕がもっとかしこければなぁと何度も何度も思った。
相手が僕じゃなければ良かっただろうに、喜んでもらえただろうにな、と思う事はよくある。
まぁそれは良いとして(本日二回目)、もしも興味がありましたら読んでみてください。
そして何か感想がありましたら、ぜひコメント欄に書いていただけると僕も助かります。
読み進められなかった方は、駄目な部分を書いていただけると参考になると思いますので。

ちなみに七靴作品には四年ぶりにコメントしている。それまでは毎回読みコメしていたけど、
四年前、いつものように僕が彼の漫画にコメントしていたら、コメント欄が僕の感想ばかりで
僕しか褒めていない事に彼が腹を立て口論となり、僕には読まれたくないと言い出したので、
今後一切彼の作品にはコメントをしない、FAも嫌がられたのでもう描かないという事で
落ち着いたのだった。この作品でも途中まではただ読んでいるだけだったのだけど、後から
本人に頼まれたので再び感想をコメントをする事にした。都合が良いような気もするけど。
でも、僕の感想は大して参考にならないので、読者が増えて欲しいのです。難しいだろうけど。

この作品を理解してあげられる人が現れて、作者が喜んでくれたら良いなと願っています。
もしも本人から苦情がきたら記事は消します。という事で今回はここまでです。それではまた。

Web拍手
本人の要望があって呼び捨てじゃなくて君づけにしたんだけど、何か恥ずかしいなw