金魚ちゃんは青羊の夢を見るか?

今週の絵はちょっと恥ずかしかったので折りたたみました(Web拍手コメント返信もこちらに)。

はてなダイアリー→http://d.hatena.ne.jp/RM307/ 質問などありましたら→Web拍手

今年のサンタコスFAと村上さんのところ55 4月26日後半~27日分

下痢気味人生」と「白詰草」が更新されています。どちらも面白かった。良いクリスマスだ。

今年もサンタコスFA祭りに参加しました。第一回の2011年から毎年一番乗りをしています。
(四年前に参加した時につばき先生が笑ってくださって以来、一番乗りにこだわっている)

f:id:RM307:20151225235932p:plain

作中では高校生なふたりだけど、ブログのWeb拍手の絵を意識して少し幼い感じに描いた。
まぁ別に意識しなくても大人っぽい人物を描けない僕だけど・・・。とても楽しく描けました。
毎年違うサンタコスチュームを描くのは結構難しいものだな、と毎回思いながら描いている。
元気な南と恥ずかしがっている静穂を描けたので良かった。あ、作品は「ふたり。」です。

さて、今日は村上さんのところの質問と回答で気になったもの。4月26日後半~27日です。
残りが6回分あったのだけど、3回分にまとめてこのまま一気に消化してしまおうかな・・・。

訳してもやっぱり村上春樹
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/26/140300
翻訳されても村上さんのオリジナルの文章に近くなるらしい。へー、そうなんだ。何かすごい。

桃太郎の桃が拾われなかったら
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/26/080900
「たぶんあの桃太郎が拾い上げられる前に、539人くらいの桃太郎(候補)が空しく
どんぶらこどんぶらこと、海までながされていったのではないかと推測されます。
あるいは途中でカラスにつつかれて命を落としたりしたかもしれません。適者生存というか、
自然界はずいぶん厳しいです。」そんなももたろうは嫌だな・・・w悲しい・・・!

Worried about going to university
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/27/211200
村上さんは大学の初日に同じクラスだった奥さんと出逢ったのだな。何が起こるかわからない。

立派な大人になるために必要なこと
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/27/210300
質問者さんの『毎日傷つかないようにしようと思うと、感受する部分に蓋がされ、次第に蓋が
ぶ厚くなり、魂が擦り減り、自分の中の「良き部分」が埋もれていく感じがします。』って感じ
わかるなぁ。やっぱり仕方の無い事なのか・・バランスをとって生きるかぁ・・・難しいね。

娘が母親に似るのは宿命でしょうか?
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/27/210100
『そういう「刷り込み」みたいなのを呪いと考えないで、これからそこに自分で上書きして
いくんだとお考えになるといいと思います。』僕もそうやって父親を乗り越えていかないとな。

上から目線の彼と結婚できるでしょうか
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/27/210000
これまた不思議な質問だ。生理的に嫌な話をする人となぜ結婚しようと考えるのか?

愛情が片隅にさえ見つけられない
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/27/171800
突然奥さんを好きな気持ちが無くなってしまったという。怖いですね。どうなるのだろう。

1枚のCDを100回聴く
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/27/171700
この質問者さん、違いがわかるようになったのでは無くて違和感に抵抗があっただけでは。

教養も品性もない人に出会ったら
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/27/171300
嫌な相手に会ったら「良い機会だからと相手を観察する」村上さん。すごいなぁ。

物語を読むと不健全な気持ちになる
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/27/170700
「不健全な魂を支えるには、健全な肉体が必要になります。なぜ不健全な魂を支えなくては
ならないのか? そこの奥の方に大事な真実が潜んでいるからです。僕は小説家ですので、
そういう考え方をします。」よくわからなかった。そもそも不完全な魂って何だろう・・・。

小説に書かれたもう一人の私
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/27/170200
長年いっしょだった恋人と別れ何年も経ち、ある日書店でその恋人が書いた本を発見する。
そこにはその恋人と幸せに暮らしている自分をモデルにした(ほとんど自分)人物が居た。
何とも面白い。その恋人はそうやって幸せに結ばれたかったのかな。書いておきたかったのか。

ハンガリーの大学生からの質問
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/27/113200
「そういう人物たちを頭の中にいったん作ってしまうと、その人たちは勝手にしゃべったり、
行動したりします。僕はただそれを目にして、文章で記録しているだけです。」すごいねぇ。

おおっ、めでたく30000通目のメール!
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/27/073400
『でもベートーヴェンみたいなのが高校のクラスにいると、意外に女子生徒にもてるのかも
しませんね。「べー君、まじめでかわいいー!」とか。』モテるべー君、可愛い文章だ。

負の感情を消せないときには
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/27/070500
『僕はときどき過去の「嫌なこと」をしっかり思い出しています。そしてその「嫌なこと」を
自分のモチベーションというか、何かの燃料みたいに利用することもあります。ポジティブな
感情であれ、ネガティブな感情であれ、それはあなた自身の持ち物です。なんだって
自分のためにうまく役立てればいいんです。有効利用すればいいんです。』有効利用か・・・。

Web拍手