金魚ちゃんは青羊の夢を見るか?

眼鏡FA祭り2017、いよいよ来週から始まりますね!盛り上がって欲しい・・・!

はてなダイアリー→http://d.hatena.ne.jp/RM307/ 質問などありましたら→Web拍手

野球を観るようになったキッカケ

僕の父はプロ野球が嫌いで興味も無く、オールスターと日本シリーズを混同していたりもした。
僕がテレビで観戦していたら「打たれろ打たれろ」なんて意地悪を言う事もあったな。

僕が野球を観るようになったのは、中学生の時に地元で開催された公式戦を観に行ったのが
キッカケ。もともと母がその球団のファンだったのだ。幼い頃からもう50年のファンになる。
とある事情で外野席が無料だったらしく、母はよく塾をさぼって試合を観に行っていたらしい。
そんな母に連れられて初めて試合を観戦したのだけど、正直何も面白くはありませんでした。
そもそもスポーツには興味が無かったし、好きな選手も居なかった。ただ、野球場の雰囲気は
なかなか良いな、と思った。まだ少し寒い夜風に吹かれ、ライトに照らされた芝生が綺麗で。
その年の終わりから、毎日チームの成績を気にしたり、年に一回球場へ足を運ぶようになった。
そして2010年から2014年まで野球から離れていたけど、今年になってまた観るようになった。

ああそうか、一番のキッカケはその年の夏に母の持っていたドカベンを一気読みしたからかも。
ドカベンは面白かったなぁ。これで野球に興味を持った、と言うとにわかっぽいけど。
翌年にはキャプテンやプレイボールも読んだ。こちらも母の所有物。どちらも面白かったな。
いや、キャプテンは途中の巻が抜けていたので五十嵐がキャプテンの時までしか読んでいない。

まぁ良いか。年に数回球場へ遠征したり、オープン戦やキャンプにも行ったりしたなぁ。
公式戦がある球場へ行くのが一苦労なんですよねぇ。遠くて時間も宿泊費もかかるし・・・。
それでも楽しかったな。負ける事の方が圧倒的に多かったけど。でも常に力いっぱい応援した。

キッカケから話が逸れたな。これで終わるか。という事で今回はここまでです。それではまた。

Web拍手