金魚ちゃんは青羊の夢を見るか?

まだまだ下手で、ビフォーアフターも劇的に変わっている訳では無いけど、少しずつマシになっているかなと。

はてなダイアリー→http://d.hatena.ne.jp/RM307/ 質問などありましたら→Web拍手

小学生の頃の昔話6-2 三十人三十一脚後編

ふたり。」が更新されています。うーむ、南の最後の表情はちょっと予想外だったな。
静穂も期待していたのでは無いだろうか・・・。しかし南らしい笑顔はホント良いですね。
絵を可愛いと言ってもらえたし好きな作品も更新されたし明日は休みだし、今日は良い日だ。

そういえば何も説明をしていなかったけど、三十人三十一脚の事はご存知ですよね?たぶん。
主に小学生が、二人三脚の要領でクラスのみんなで足をつなぎ、50メートルを走る競技です。
最近はわからないけど、昔は全国大会の模様がテレビ放送されたりして流行っていました。
うちの小学校では、第一回大会からほぼ毎年六年生が出場していました。僕が在学中に一度
全国大会に出場した事があって、とーきょーからテレビ取材が来ていた事もあったなぁ。

ドッジボールと同様、毎日朝練と放課後の練習がありました。普段運動しない子だったので
しばらくは筋肉痛がひどく、練習も体育の時間も辛かったな。ぜんそくも出てくるし・・・。
そう、子どもの頃はぜんそく児だったのでよくぜーぜー言う事があった。今は大丈夫だけど。
練習はやっぱり楽しくなかったのだろうな。何度か図書委員の仕事を口実にさぼっていたし。
でも、個人タイムを測ると春から確実に足が速くなっていた事はたしかで、それは嬉しかった。
まだまだ平均以下だったけどね。僕以外にも結構タイムが伸びている子は多かったようだ。

ドッジボール大会も今回も、大会は一番大きな市の会場で行われた為、当日はバスを借りて
みんなで会場へ行きました。遠足みたいで楽しかったな。バス酔いしないか心配だったけど。
本番については特に語る事が無い。うちのクラスは37人ぐらい居たけど、無事に完走しました。
タイムは10秒57か75だったかな。参加した他の2クラスも完走し、みんな笑顔で帰りました。
最初は渋っていたけど、完走したら達成感と充実感があり楽しかったです。参加して良かった。

最後、書くのがめんどくさくなったみたいになってしまいましたが、単に思い出せなくなった
だけです。たぶんすごく緊張していたのだろうな。走り終わった後の高揚感しか思い出せない。
またああいう感じを体験したいな・・・。という事で今回はここまでです。それではまた。

Web拍手