読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚ちゃんは青羊の夢を見るか?

予定を変更してはてなダイアリーは来週更新、このブログも来週はいつものように一回だけ更新となりそうです。

はてなダイアリー→http://d.hatena.ne.jp/RM307/ 質問などありましたら→Web拍手

異性の描き方の話

今日からセイギのヒーロー稼業」がsage更新されていたので読みましょうね。バトル!

http://ityouyaku.hatenablog.com/entry/2015/07/27/100939
胃袋マシン先生のブログで「性別の判断といえば、作者からみて異性をどう描いているか、
というのが個人的に一つのポイントとしてあります。同性から見ると理想化されていたり、
不自然であったり。」と書かれていた。なるほど。そういう観点で読んだ事は無かったな。
いやまぁいつも何も考えずに読んでいるのだけど。でもこれからは気をつけて読んでみよう。
僕の場合「男性キャラを描くのがつまらないから」という理由でほとんどの登場人物が女性。
そんな理由なので僕の漫画のキャラからは何も読み取れないと思う。基本的には僕の分身だし。
そもそもちゃんとキャラ作りとかした事が無いな・・・駄目ですね・・・難しいです・・・。
そういえばつばき先生の小説では男性キャラが似た雰囲気を持っているという感じのコメントが
あったような気がする。(当時の)理想だったのだろうか。モデルは確実に居そうですよね。

絶クレの場合はどうだろうか。当時「絶クレのキャラは作者の代弁者」と言われる事があった
不死鳥作品だけど、ミズエさんやシホさんのような大人の女性キャラは少し違いますよね。
某友人が言っていたけど、未熟な不死鳥先生が成熟したミズエさんのようなキャラを描けるのは
すごいという事だった。たしかに。ミズエさんのモデルは不死鳥先生のお母さんだったな。
それにあれだけたくさんの個性的なキャラを生み出す事ができた事もすごいと思う。厨二力。
そして特に女性キャラはみんな魅力的。そのへんについてはぜひ読んで確かめてみてください。

はぁ、もうホント嫌な事が続いてどうしたものか。上手く気持ちを切り替えられない・・・。
悲しくなったのでここで終わります・・・。という事で今回はここまでです。それではまた。

Web拍手