金魚ちゃんは青羊の夢を見るか?

新都社で更新しても自分の駄目さを思い知らされるだけなので、最初から読者の少ないサイトへ行った方が良いのかもなぁ。マウス・・・。

はてなダイアリー→http://d.hatena.ne.jp/RM307/ 質問などありましたら→Web拍手

ネーミングセンスが欲しい

新都社経歴アンソロジー2、オトハル先生が参加してくださって嬉しかった。数年前に
自サイトを公開されてからちょくちょく覗いていたけど。いちばちをまた読みたいなぁ・・・。
リミット、氷室ちゃんと学のふたりは和みますね。布袋とのコンビよりも好きかもしれない。

 

何度か書いたけど、僕にはネーミングセンスというものが無い。名前が借り物である事が多い。
漫画のタイトルでいうと、「レモネード」は絶クレからだし、「おなかのへるうた」は童謡から
そのままつけただけだし、「そうだ、FAを描こう」は「そうだ、京都、行こう」のもじり、
「名探偵うな子の怪奇ファイル」は「銀狼怪奇ファイル」から、その他の企画作品は企画名。
ちなみに「マシュマロ子ちゃん」と「俺と彼女の黄土色の青春」は原案・原作である七靴考案。
ブログのタイトルでいうと、「金魚ちゃんをインストール」は絶クレQ六話のタイトルで、
このブログのタイトルも「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」をもじったもの。
そもそも「RM307」という名前も絶クレQ五話から借りている。自分で考えたものがほぼ無い。
そういえば僕はティッシュ先生の大ファンだったので、昔もし新都社で漫画を描く事になったら
エルモア」みたいにティッシュ製品の名前にしようと考えていた。『ティッシュ四天王』に
憧れていたので(ティッシュ先生、えりえる先生、スコッティ先生、ネピア先生)。

漫画のキャラの名前も考えるのが苦手。なかなかしっくりくる名前を思いつかないのだ。
だから漫画の中でキャラの名前を呼ばせない。まぁ呼ばせる必要が無いのでつけないのだけど。
子どもの頃はポケモンの名前とか考えるのが好きだったのになー。毎回違う名前をつけていた。
名前をつける為にわざわざ英語やドイツ語やフランス語の辞書を引いて単語を拾っていたなぁ。
あとファンタジー小説に登場する古ヘブライ語みたいな特殊な単語をこつこつ収集していた。
単語と意味を50音順でルーズリーフにまとめたりして。今もたぶん残っていると思う。
中学生だったらやりがちだよね。・・・そうでも無い?中二病乙ってな感じかもなぁ。

そういえば絶クレのシホさんもネーミングセンスが無いそうです。シホさんなら可愛いね。
ユアイのエッセイのタイトルを考えたのはシホさんだったような・・・没案の方だったかな。
絶クレに関する記憶を日々失っている・・・。という事で今回はここまでです。それではまた。

Web拍手